春秋会 石老山山行

  

石老山概略:丹沢山塊 相模原市 標高702m
実施日時:2017年11月11日(土)
9:22登山開始 14:20登山終了  天気快晴
参加メンバー:8名 ( )年度 敬称略
鈴木公(55)、中島(56)、草野(60)、川井(61)、大久保(61)
川田(63)、中津川(65)、中山(71)
コース概略:石老山登山口バス停発09:22→顕鏡寺09:55着/10:22発→さくら道→
融合平10:37着/10:45発→石老山頂上着11:23着 (ピークにて昼食 お湯を沸かしてみそ汁、豚汁、スープ等を味わいながら各自持参のお弁当を皆で分け合う)
12:15発→大明神展望台13:03着/13:10発→プレジャーフォレスト前船着き場14:20着/14:45発 渡し舟にて相模湖へ→15:00相模湖船着き場着。
山行のポイント:顕鏡寺とその参道沿いに続く巨岩群はその昔の海底が隆起してできたとのこと。相模湖方面の好展望が見られる融合平と大明神展望台、石老山ピークから富士山が雪を被った状態で見られた(1週間前には雪はなかった)。やはりピークでの皆で食べるお昼は楽しい、事前に奥さんと下見にきて一緒に冷めた愛を確かめながらの冷たいおにぎりでのお昼とは格段に違った。プレジャーフォレスト前で渡し舟に乗り相模湖へ10分の快適な船旅もいい気分転換になった。最後に相模湖駅前の「かどや食堂」での打ち上げも話が盛り上がった。さんざん飲んで食べて1人2,500円はリーズナブル。おまけに2階で陶器の展示を開催しており、芳名帳に記入すればお猪口のサービスがあったのもうれしかった。
ご挨拶:来春から、64年度の手塚先輩に代わって、私71年度の中山が65年度の中津川さんとご一緒に世話役を務めさせていただきます。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

春秋会 石老山山行” への2件のコメント

コメントを残す