第10回 悠遊展(2019年1月)への参加 お誘い

75年度の、渡辺信彦です。

悠遊展への「参加のお誘い」です。
まだ2回しか参加していないふざけたコンチキショーですが、悠遊展の幹事長をなさっておられる62年度の齋藤先輩の許諾を得て、書かせていただきます。

私なりの理解と解釈での説明となります。
もしかして勘違い、誤解があるやもしれません。
その節はご容赦願います。

●悠遊展とは、何者か?
「悠遊展」を、MGWVOB会でご存知ない方はおられない、と思います。
しかし、名前は知っているけど内容は? 私には縁遠いとお思いの方への説明をいたします。

悠遊展は、MGWVのOB会の有志が行っている作品展です。
61年度の川井前OB会会長のアイデアと音頭で始まりました。
作品とは、自分で創作した書、陶器、写真、絵画、版画、編み物、飾り物等のことです。
MGWVを卒業され、山とは別の趣味を持たれた方々が、仕事の合間、介護の合間、病気療養の合間、孫育ての合間に自分の作品を作り、持ち寄り、皆で展示、発表しております。
1年半に一回のペースで開催され、次回開催(2019年1月)が10回目を数えます。記念すべき回となります。会場は、最近は文京区区役所の一階(地下鉄後楽園駅前)です。

一見、時間とおカネに余裕のある優雅なお遊びみたいな印象ですが、ちょっと違う感想をもっております。

創作というのは、ヒトにとって大きい意味をもっているように思います。

脳は、日々の様々な感情と出来事で、知らず知らずに疲れていきます。
会社の売り上げが、上司から、介護が、病気が、もしかしてウチの旦那ときたら、子供の成績が、・・・。
ザワザワします。
TVとかスマホとかに時間を奪われる日々を過ごすと、さらに微笑みが消えていきます。
振り回される、受け身の時間が続きます。

静かな時間の中で何かを作るという作業は、多分、こうした疲れている脳にいい刺激を与え、自分の時間を取り戻してくれる気がします。
更に、発表して、人に見てもらい、自分という存在を認証してもらう。凄いねと、面白いねと言ってもらえる。ついでに話して、飲んでコミュニケーションが図れる。
若い時にワンゲルという共通の経験を持っている、貴重な知り合いとの久しぶりの出会い。

悠遊展にはこうしたことができる「時間」と「場所」が存在します。
いい、と思います。

●悠遊展参加に躊躇されている方へ
(1)才能のある人がやっているから、作ったことを経験していない私は参加できない、と考えておられる方へ

才能のあるなし、うまいへた、は関係ありません。
上手な作品も、微笑ましい作品を、一緒に展示されます。
恥ずかしいという感情を封印してみましょう。

(2)はるか年上の、立派なOBがなさっておられるので、腰が引けると思っておれる方へ

MGWVの先輩への敬意があれば、臆することはありません。
先輩は、「高圧的」で「偉そうなこと」は、一切言いません。多分。
悠遊展に参加された貴方を大歓迎し、貴方が喜ぶことを言ってくれたり、貴方の話すことに耳を傾けるでしょう。
いつもと違う先輩、後輩の世界があります。

(3)時間はないわ、という方へ

「作り」ということに挑戦してみると新しい世界がうまれる、かもしれません。

是非、だまされてもいいやと思って、参加してくださいませ。

長い文章になってしましまいました。
バカヤロー、簡単に書け、という罵声が聞こえてきそうです。
すみません。

2018年9月14日

訃報

部友であられる温湯荘の女主人の戸丸幸江様がご逝去されました。(享年62歳)
お父様の朝二様には、初代山小舎建築前からお世話になりました。
一昨年の秋にお父様亡き後、さらにお忙しい日々を過ごされていたと思いますが、私たちが訪れた際はいつも明るく迎えてくださいました。突然のことで、言葉も見つかりませんが、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
ご葬儀の詳細は、会員のページでご確認ください。

山小屋イベント開催いたします(申込書付きです)

案内文_20180705

80年度の竹内です。

5/26にホームページでご案内した山小舎イベントの詳細が決定しましたので報告いたします。
申込書が添付ファイルの案内文にありますので、ご記入いただき竹内宛に送付ください。(mail、FAX、郵送可能)送り先は申込書に記載しています。ご質問等はお気軽にお問合せ下さい。
 2代武尊小舎は来年(2019年)で20年となりますが、まだ一度も訪れたことのない方も多いと思います。多くの皆様に、電気、水道、ガス、水洗トイレの完備した武尊小舎を体感していただければ幸いです。
ご家族連れで訪問を検討される方の為に、バンガローも3棟仮押さえ済みですので、お気軽にご参加ください。

日時       201891515時集合 ~ 91710時解散
場所       ほたか牧場キャンプ場
費用       申込書をご確認ください。
交通費は各自負担(沼田
or上毛高原からのチャーターバスを検討中)

スケジュール
 9/15      集合 1500
              夕食 1700(キャンプ場食堂)
              キャンプファイヤ 1800~ (飲み物付き)
              消灯 2200
 9/16      朝食  830(朝定食 キャンプ場食堂)
              解散 1000 花咲の湯経由で帰京
<オプション>
    武尊山ワンデリング
9/16       武尊山ワンデリング コースタイム7時間 ※武尊登山は自己責任で実施
     (前日夜に朝食(軽食セット)受取り可能)
(昼食は各自準備、又は軽食セット追加)
※下山後帰宅、もしくは2泊目
    2泊目
              夕食 1700(キャンプ場食堂)
              消灯 2200
9/17       朝食  830(朝定食 キャンプ場食堂)
             任意解散(施錠手順を要周知) 

夕食はキャンプ場の食堂で宴会形式で実施、3種類のメニューから事前選択申し込み
朝食は各自持参、予約も可 2種類のメニューから選択
夕食 ジンギスカンセット、バーベキューセット、豚ロースセットから選択、飲み物付き
 朝食 朝定食600円(焼き魚、ごはん)、軽食セット500円(パン2個、飲み物付き、前日夜にお渡し) 

 

OB会の皆さまへ

日頃よりMGWVそしてOB会へのご協力に感謝いたします。
このホームページをより活性化させて皆様との交流の場を広げてゆきたいと思います。
ここで改めてご連絡させていただきます。
会員の皆さんへのページはパスワードで保護されております。
年2回行われている運営委員会の議事録、大切なお知らせ等掲載されておりますので、
ログインIDを入力してご確認してください。
もう一つ個人のログインIDがあります。これは投稿及びコメントする場合に必要となります。ホーム画面の右側(スマホの場合は最下部)のログインで入ってください。
ログインIDが不明の場合は、【会員の皆さんへ】のページのプルダウンの
各種お問い合わせにメール送信してください。ご返信にてお知らせいたします。
皆さまの素敵な投稿を楽しみにしております。

武尊山ワンデリングの報告

80年度の竹内正弥です。6/9三合平のキャンプ場から武尊山を往復しました。朝5時に出て4時間かけて山頂に、下りは3時間で戻ってきました。ゆっくり歩いての時間なので、年配の方でも同タイムで往復できると思います。ちなみに同行した同期の加賀谷さんは登り2時間半、下り1時間半でした。

三合平(山小舎)から出発です 

田代湿原との分岐です(山小舎から1時間経過)

避難小屋です(山小舎から1時間半経過)

中の岳手前の鎖場です(山小舎から2時間半経過)

鎖場を越えたら雪渓がありました。

中の岳の分岐です(山小舎から3時間経過)

山頂付近の日本武尊の銅像

武尊山頂ですが視界はゼロで残念でした(山小舎から4時間経過)

三合平ではレンゲツツジが満開でした

山小舎イベント開催

山小舎管理委員長80年度の竹内です。

このたび武尊山麓ほたか牧場キャンプ場にある山小舎でイベントを開催することになりました。

日時 2018年9月15日(土)15:00~9月17日(月)10:00

場所 ほたか牧場キャンプ場3合平MGWV山小舎(現地集合、現地解散)

内容 キャンプファイヤ、バーベキュー、武尊山(2158m)登頂、花咲の湯etc

詳細はこれから決定し、申し込み方法もこのホームページでご案内いたします。

2泊せず、どちらか1泊で帰られても、ご家族と一緒でも構いませんので、お気軽にご参加下さい。

第一回MGWV近畿&東海地区OB/OG親睦会を京都市で開催致しました

日時:5月12日(土)12:00~15:00
場所:京都市中京区 湯葉の店・梅の花
参加者:大竹(65)、後藤(67)、宮城秀敏(71)、宮城久美子(71)、前田嘉章(76)、前田佳代子(76)、中山(76)、堀家(78)、内田(85)、水野(92)、植木(92)、栄(92)各氏(敬称略)で、近畿(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県)と東海(愛知県、岐阜県、三重県)のOB・OG12名が集まりました。本部から新OB会会長の中山佐知子さんにお越し頂き、MGWV現役とOB会の現状を詳しく説明してもらいました。東京から離れて暮らす我々はそういう情報に飢えておりますので、参加者全員現役時に思いを馳せ会は大いに盛り上がりました。中山会長、お越し頂き誠に有り難うございました。
続きを読む