26代忘年会 於川端康成「雪国」の宿

DSCN6842 - コピー  DSC_0098 - コピーDSCN6890DSCN6873

12月12日、26代(77年度)忘年会を開催いたしました。メンバーは、坂上夫妻、白井(旧八木)、宮野、望月、儘田、星野、杉澤、オブザーバーに25代渕上さん、以上9名でした。場所は越後湯沢の温泉でしたので、私は腹減らしのために、平標山に登ってから行きました。今年はずいぶん雪が少ないようです。スキー場も全然雪がなくて、気の毒なくらいです。

温泉宿は川端康成が「雪国」を執筆した「高半」という宿で、なかなか趣のある宿でした。さすが坂上の手配だけあって、とても立派な部屋でした。飲んで歌ってまた飲んで、楽しい一夜を過ごしました。

翌日は八海山雪室に寄って、そのあと皆で蕎麦を食べて解散しました。普段はなかなか集まれないのですが、この年一度の会はぜひ続けていきたいと思います。同じコッフェルの飯を食った仲間ですから。

 

26代忘年会 於川端康成「雪国」の宿” への2件のコメント

  1. お、おーーー、いいね!!
    流石77年度、皆が集まりやすい場所、酒飲みが酒を楽しめる場所、山に登れる人が手ごろな山がある場所、三拍子そろったSettingも憎いね!みなさんのご健勝を祈る!!

コメントを残す